当部について



 私達、立正大学吹奏楽部は1961年の創部以来、50年以上の長い歴史を歩み、部のモットーである「和と前進」を胸に活動を続けています。 
 秋に行う定期演奏会をメインに、夏のコンクール、全日本学生吹奏楽連盟・東京都大学吹奏楽連盟等の行事への参加、さらには学内外の依頼演奏等、精力的に演奏活動を行っております。また、
当部はシンフォニック(吹奏楽座奏)とマーチング(ドリル演奏/パレード演奏など)の両方を、主たる活動として取り組んでおります。
 シンフォニックにおいては、当部音楽監督である佐藤正人先生にご指導を頂いております。
氏の吹奏楽を知り尽くした緻密な音楽作りとその熱い指揮から繰り広げられる立正サウンド。そして、我々の「心をこめた」良い演奏を目指すべく、日々活動しております。

 また、マーチングはドラムメジャーを始め主に学生スタッフでステージを作っております。

 当部の活動は、我々を支援して下さる皆様方のご助力のおかげで成り立っております。皆様に厚く御礼申し上げます。

これからも、我々部員一同「心から心へ」伝わる音楽を目指し、邁進していきたいと思います。